国語が苦手な中学受験生の家庭教師ジャケット先生別館

中学受験対策国語の家庭教師ジャケット先生別館

Just another WordPress site

小学校4年生以下の補習~私立小学校に通われている場合

読了までの目安時間:約 2分
食育-男の子おかわり

中学受験合格という目標に向けて大半のご家庭は4年生からサピックスでの勉強を開始します。一方私立の小学校に通われているお子様は4年生になる前から、サピックスでの勉強を開始しているケースも少なくありません。せっかく早くスタートを切ったのですから、周りのお子様より早く勉強を開始したというメリットを最大限に活かすべきです。

人より早く勉強を始める事の最大の利点は、お子様がどういった傾向の問題につまずきやすいか、どういったタイプの問題を得意としているか、どれくらい集中力が持続するかをいち早く掴める事にあります。

サピックス、日能研、四谷大塚、早稲田アカデミーなどをはじめとする中学受験塾の多くでは5年生から授業の進度が一気に上がるため、そこまでにお子様の適性を掴みきれず苦手分野を作ってしまうと授業についていく事が困難になります。その点早くから勉強を開始しているお子様の場合は適性が掴みやすく、スムーズに軌道に乗せてあげることが可能となります。

また4年生くらいまでのお子様はまだまだ子供子供しており、勉強の習慣をつけることも一苦労です。そんな場合もお子様の集中できる時間、熱中しやすい問題、飽きっぽい問題などを捉える事により、興味を引き出しつつ勉強に気持ちをもっていく事が出来ます。

私立小学校の場合は受験を前提にしている学校も多いため、公立小学校に比べると学校の課題、それも頭を使って考えなければならない物が多く、それをこなすだけでもなかなかに大変です。そんな中、サピックスでも年々増えてくる課題に対処していくためには、やることが多くない早い段階で苦手を克服しておく事が得策です。

早い段階から勉強を開始したアドバンテージを活かしつつ、学校をおろそかにせず、中学受験を勝ち抜く。それが私立小学生の理想と思われます。

1 6 7 8